結婚式に着て行くパーティードレスのマナー

良心真心素材.net / タイトル

結婚式に着て行くパーティードレスのマナー

結婚式にご招待された場合、女性ならば着物かパーティードレスを選ぶ方が多いと思います。友人・知人のみではなく、職場の方や新郎新婦の御親族も出席される式なので、マナーを守った服装が大切です。 パーティードレスを選ぶ場合、大きく3つのマナーがあります。1つ目のマナーは色です。結婚式で純白を着れるのは純粋無垢な花嫁だけの特権と考える風習があるため、白を選んで着ると礼儀知らずと思われます。また最近ではバイカラーと呼ばれる上下で色の異なるパーティードレスもありますが、「別れ」を意味すると捉える方がいるようなので控えた方が良いでしょう。次に注意すべきは上着や小物で、冬場など寒い時は上着や羽織りものを着て出席しますが、ファーなど動物の毛を使用したものは避けましょう。年配の方などは特に殺生を意味して縁起が悪いという方がいるためストールやコートで寒さをしのぐと良いでしょう。最後はあまり華美になりすぎない事で、キャバクラの女性が着るような露出の激しいものや、花嫁より目立つようなドレスは控えましょう。やはり結婚式当日の主役は新郎新婦であるという事を忘れてはいけません。

check

ゲッティーズで応募
http://www.gettys-monitor.com/

最終更新日:2017/1/27

トップへ